長篠の戦いとは 織田?徳川の連合軍が鉄砲を効果的に使った

長篠の戦いとは 織田?徳川の連合軍が鉄砲を効果的に使った。鉄砲を三段構えで使ったかは判明しませんが、織田?徳川連合軍は、陣地に穴を掘り、その後ろに「馬防柵ばぼうさく」という、馬や人が突っ込んで来れない「木の柵」を作り、その後ろの安全な場所から鉄砲や弓を構えて、攻撃しました。織田?徳川の連合軍が鉄砲を効果的に使ったとありますが具体的にどのようにして使って勝ったのか知りたいです 長篠の戦いとは。織田信長おだのぶながによる鉄砲戦術が。戦国最強といわれた“武田の騎馬隊”
を完膚なきまでに討ち滅ぼしたこの戦いですが。両軍の戦力は織田信長?徳川
家康とくがわいえやす連合軍万人に対して。武田勝頼たけだかつ
より織田?武田の戦いに至る経緯と。両者の関係性とはどのようなものだっ
たのでしょうか?その積み重ねで長篠の戦いが起こったと言っても過言では
ありません。信長は天下統一を図るため。信玄を敵にしてしまうと厄介だった
のです。長篠の戦いからみる。ました。対決を避け続けた武田信玄と織田信長は。結局一度も直接戦うことは
なく。決着がついたのは信玄の死後「長篠の戦い」でした。ならないと。 実際
。その後の信玄の政略戦略は自国を整備し守ることを目的にしていると考えると
。非常に分かりやすくなります。信長は当時のどの武将よりも鉄砲に注目し
ていたことは。よく知られている事実です。 ポルトガルや愛知県を中心に中部
地方では。織田信長。豊臣秀吉。徳川家康を「三英傑」と呼ぶようです。 正式な
用語

刀剣ワールド長篠の戦い。長篠の戦いは。数の上では織田?徳川連合軍が圧倒的に勝っていましたが。信長
は決して油断はしていませんでした。明智城や高天神城の陥落から。勝頼を信玄
と同じく脅威と捉え。最強の武田軍に対して練りに練った社会科学習指導案。家康の後。誰がどのような政策を行い。長く安定した世の中をつくっていった
のか。また。武士 や商人。農民が問題解決的な学習過程においては。「知り
たい」という思いを持って自分たちで学習課題を設定織田信長?豊臣秀吉?
徳川家康により。戦国の世が統一されていったことが分かるとともに。そ地図
や年表。絵図などの資料を効果的に活用して具体的に調べている。織田軍は。
鉄砲を使っている。学習課題> 信長はどのようにして全国統一を目指したの
だろうか。

織田信長が長篠合戦に勝利した意外な理由。長篠合戦で織田信長は。徳川軍だけでは武田軍の猛攻をしのぎきれないと判断し
。徳川軍を援護する鉄砲隊を配置て信長は。織田軍主力には陣地から出ない
よう厳しく命じ。鉄砲を撃ちかけて武田軍を撃退した。と書いてある。いくつ
かの有力部隊で織田軍を牽制し。釘付けにしておくのが勝頼の戦術だった。と
考えてよいだろう。家康を使ってきた信長は。長篠城からのの知らせを
受けたとき。一息つかせていた織田軍の主力を。気前もっと知りたい!「麒麟がくる」コラム完全にスルーされた長篠の戦いとは。大河ドラマ「麒麟がくる」の第39回「本願寺を叩け」では。織田信長?徳川
家康連合軍と武田勝頼軍が対決した長篠織田?徳川連合軍の鉄砲隊」と「武田
軍の騎馬隊」が激突した長篠の戦いとは。どういう戦いだったのだろうか。
もう少し具体的に確認しておこう。そもそも武田氏の将兵が。騎馬を使った
専門的な訓練を受けたとは考えにくい。いずれにしても。信長の鉄砲による「
3段撃ち」が戦国時代における「軍事革命」という評価は。トーンダウン

?織田徳川vs武田?長篠の戦い?通説の9割は嘘。徳川家康は長篠城からの救援要請に応えて軍勢を派遣するとともに。同盟関係に
あった信長にも出兵を依頼し。「織田徳川連合軍」という形で武田軍に対峙しま
した。 これまでの認識では。どのような戦いだったのですか?「長篠の戦い」の本当の勝因―—織田信長はなぜ強かったのか。この戦は織田信長。徳川家康連合軍対武田勝頼の戦でございました。結果として
は信長家康連合軍が勝つのでありますが。おそらく人の例外もなく。学校では
長篠の戦いにおける勝因は「当時の新これはどうやって勝ったか。どうやって
負けたのかということは関係なしに。あの戦は「信長が勝った」という事実が
あれば新し物好きの信長ですから。新兵器の鉄砲を全く使わなかったという
ことはないにしても。少なくとも。鉄砲の効果的使用が勝因ではない。

鉄砲を三段構えで使ったかは判明しませんが、織田?徳川連合軍は、陣地に穴を掘り、その後ろに「馬防柵ばぼうさく」という、馬や人が突っ込んで来れない「木の柵」を作り、その後ろの安全な場所から鉄砲や弓を構えて、攻撃しました。対する武田騎馬隊は、前日の雨でぬかるんだ戦場を、「ぬかるんでいない細道を選んで」突撃する必要がありました。織田の鉄砲隊は、その一列で並んで突撃してくる騎馬隊や足軽隊を、先頭の敵に集中攻撃を繰り返したようですね。戦闘は、早朝4時から午後2時までの約10時間に及びましたが、これも武田軍が一斉に織田?徳川連合軍に襲い掛かれなかった事が原因でした。ボ、ボクは小学生でしゅが???長篠の戦いを勝敗付けたのは実は両軍主力によるあるみ原での決戦ではなく、その背後の長篠城周囲の戦いであった。武田軍主力が前進したことにより、長篠城の包囲は3千程の留守部隊のみとなった。そこで信長は前夜の番に別働隊を編成して、夜間に南方の山中を行軍させ、長篠城包囲陣の一角にある鳶ノ巣山砦を強襲して長篠城の救援を達成させようとした。徳川家臣の酒井忠次に徳川軍のうちの優秀な弓兵と銃兵を集めさせ、更に金森長近らに信長馬廻り親衛隊の鉄砲500挺をつけさせた。この別働隊が21日早朝辰刻午前7時~8時に、鳶ノ巣山砦を強襲。呼応した城兵と挟撃して、武田軍の包囲部隊を一掃してしまった、この鳶ノ巣山砦の戦いについては「長篠の戦い」で取り上げられることは少ない。あったとしても少し紹介される程度だが本来はこれこそが作戦の主目的である「長篠城の救援」を達成させるためであったのだ。そしてこれによって主戦場での戦闘結果を左右することになる。『信長公記』によれば、戦いは「日出より」戦ったとある。しかし最初は小競り合い程度であった。ところが後方の鳶ノ巣山砦が連合軍の別働隊によって一掃されたことにより、武田軍は前後に挟撃される恐れが生じてしまう。最悪のタイミングで主戦場では徳川軍が柵から押し出した。武田軍は午前11時頃に総攻撃を開始して本格的な交戦を開始する。勝頼が進撃を決断した背景について、歴史家?藤本正行氏は著作『長篠の戦い 信長の勝因?勝頼の敗因』あとがきP223~224でこう解説している。「武田軍が全面的な攻撃を始めたのは、織田?徳川軍の別働隊に背後に回られてからである。その際、勝頼はつぎのようにかんがえたのではないか。『敵の別働隊に襲われた味方長篠城包囲軍をただちに救援するのは、背後に丘陵と川があるので難しい。また救援のためには前面の織田?徳川軍の主力の抑えに自軍の一部を残し、主力を後退させることになる。敵前での兵力分散は得策ではないし、敵が総攻撃をかけてくれば、残留部隊の壊滅は必至である。勢いを得た敵はただちに追撃してくるであろう。丘陵と川に阻まれて、行く手の敵の別働隊がいては、集団のまま短時間の撤収は困難である。だいいち、あの強力な鳶ノ巣山砦を簡単に落とし、長篠城を解放した別働隊が、どれほど大兵力か分からない。これに渡河点を抑えられれば大変だ。下手をすれば、織田?徳川軍の主力と別働隊に挟み撃ちに遭う。いずれにしても後退は難しい。一方、敵が別働隊に兵力を割いたことは、主力の人数がそれだけ減っていることではないか。このまま何もしなければ、いずれは挟撃される。それならば、現在無傷の自軍主力部隊で、兵力が減っている敵主力軍を攻撃しよう。実際、敵の主力は柵から押し出してきた。座して挟撃されるくらいならば、こちらから攻撃すべきだ』中略私に言わせれば、勝頼が攻撃した理由は謎でも何でもない。それが謎に見えるのは、結果が分かっている現代人が、その時の勝頼の立場に思いをいたさず、結果のみを重視するからである。歴史には、当事者しか分からないことおあれば、当事者だからこそわかっていなかったこともあるのだ」これは勿論、藤本氏の状況分析による推論であるが、管見の限りこれほど当時の勝頼の立場にたっての解説は今まで見たことのない、というのが実感であった。現在でも色々、擁護派?批判派が推論を出しているがいずれも結果論の域を出ていない。後世の人間はいわばトランプゲームにおける「観客」のような立場であり、対峙する2者の情報兵力や装備、置かれている戦況を全て把握しているつもりである一方の当事者はいわば対峙している状況で全てを把握しているわけではない。そして勝頼の置かれた立場からすれば「正面の敵に攻撃開始」というのは愚策でもなんでもなく、その場の状況判断としては「合理的」である。だが人間のやることは常に「合理的」選択をすれば、上手くいくものではないのである。そして何よりも大事なのは勝頼にはゆっくり選択を吟味する時間的余裕などなかったことだ。躊躇すればそれは即破滅を意味する。まずは連合軍の鉄砲隊について。一般的には三千挺説と千挺説で論争されているかのように言われているが実際の総数は不明であり、千挺というのは最初に投入された分なので実数は不明とした方が良い。そして「新戦術」について言うならば有名な“三段撃ち”については非合理的であり、またそれらを行われた形跡も無い。また鉄砲を大量に戦場に投入することもこれ以前に行われており、またその中で交替で射撃することを誰も気付かなかったのは不自然である。複数の人間が、準備時間のかかる作業を行って間隙を埋めることは、あらゆる分野で幅広く行われてきた。例えば同じ飛び道具である弓は、それでも交替で射ることがあり、城壁に設けられた狭間一つに複数の弓兵が配置された場合などで交替射撃を行われていた。これを軍学書では「狭間配り」と呼んでいる。弓でさえこうなのだから、鉄砲についても交替射撃を考え、実行していた人々がいて当然である。これを「天才信長の発明」とするのは贔屓の引き倒しというものである。次に「武田騎馬隊」について。昨今、「戦場で騎馬攻撃をかけていた実例がある」という論拠をもって「騎馬隊」の存在が肯定的に語られるが、実を言うと議論がかみ合っていないように思える。騎馬武者が騎乗したまま攻撃するのと、それをもって「騎馬隊」が実在したのとでは=にはならない。「騎馬隊」の言葉には近代における騎兵隊とのイメージがごちゃ混ぜになっているのである。もしも武田軍が騎馬武者だけの大部隊を編成して、密集突撃をかけたとすれば世界史上における騎兵隊の先駆けとなる大事件である。実際には当時の騎馬武者は集団で行動する訓練など受けていないし、ましてや当時の騎馬というのは馬の世話をする徒歩の人々が必要不可欠な存在であった。軍役に関して「馬上○騎」という表現された場合には必ずそこには馬の世話をする馬丁や口取りといった従卒の人間が付随する。騎乗兵のみで構成された近代の騎兵隊と戦国の騎馬武者の決定的違いである。長くなったが、私なりに長篠の戦いの光景を想像すると以下のようなものであったのではないだろうか。挟撃された武田軍は数を減らしている筈の正面の連合軍に向けて総攻撃を決定。この状況では異論の出る余地などなく、宿老たちも当然賛成したのであろう、そして突撃の援護をすべく「武田鉄砲隊」を前進させ、まずは両軍による射撃戦が展開。ちなみに豊田市郷土資料館蔵『長篠合戦図屏風』には武田側の銃撃に斃れた徳川兵が描写されている結局質?量ともに優る連合軍鉄砲隊が武田軍を圧倒して、援護射撃を失った武田軍は被害を増大させる。それでもひるまず戦闘を続け、騎馬武者に統率された歩兵部隊が防御陣地を突破しようと遮二無二攻撃を続けたが、損害が遂に攻勢持続点を超えてしまう。遂に勝頼の本陣まで後退して、ここに武田軍は撤退を決断。チャンスと見た連合軍は徹底的な追撃戦を行い、ここで多くの宿将たちと将兵が倒され、壊滅的打撃を受けて敗走。ここに長篠の戦いは終結した。酒井別動隊の鉄砲500丁が攻撃前進を成功させた理由の戦法が問題だと思う。フィジカルは対等でもテクニカルは不平等であった、つまりは雨天の直後でも使用できる何らかの武器としての特異点があったとか。機動性と主導性が加味された鉄砲を装備した軍団の内容を理解すると、武田軍が撤退戦で全滅した理由も解明できるのではないだろうか。少し古い言い方をすると「鉄砲の三段撃ちで武田の騎馬軍団を壊滅させた」になると思います。ただし、三段撃ちは本当にあったのか、武田に騎馬軍団はあったのか。このへんは議論があり、ほぼ否定されています。ただし、現実として存在するのは織田軍が鉄砲の大量運用をしたということです。武田軍にも鉄砲があり、城攻めで使用したりしていましたが、織田軍ほど大量ではありませんでした。織田軍は武田軍500丁の最低でも3倍、多ければ6倍以上の鉄砲を一度に投入して戦場で圧倒しました。長篠の戦いでの「三段撃ち」は虚構だとする声が最近は多いですね。先ず「鉄砲三千丁」でなく実は一千丁だとか。信長公記では当初は千丁と書かれていたのに時代が下るにつれ誰かが三千と書き換えた疑惑があります。それと鉄砲隊が全て信長親衛隊の鉄砲足軽ばかりではなく、細川や筒井と言った家臣筋からも多く鉄砲手を徴発しています。そうなると当日戦場にやってきて寄せ集めの兵たちが号令一下、一糸乱れぬ三段射撃ができたかどうか疑問です。それと戦闘時間が長い点。戦いは約9時間もかかっています。もしも鉄砲の一斉射撃が連続して行われたら、たちまち武田軍は壊滅するはずです。総兵力も小田?徳川連合軍は武田軍の2倍あります。それが9時間は長すぎます。当時の鉄砲は一発撃つごとに黒煙が出ていました。これでは後ろに控える鉄砲種にとって前が見にくく交代しづらいでしょう。じゃ三段撃ちじゃなかったらどういうやり方だったか。当時すでに「早合」と言って弾と火薬を一緒に装てんできる工夫があり、火薬を入れてから弾を込めるという手間は省けていたそうです。だから鉄砲手は大して場所を離れることなく三段交代せず鉄砲を討てたそうです。それと世にいう「武田騎馬軍団」自体が虚構で、実際に騎兵は三分の一程度で、ほぼすべての兵が騎兵というイメージからは遠いものです。そして当時の馬は小さく、ハイスピードで殴りこむことはできなかったろうと言われています。現実の長篠の戦は兵力で勝る織田軍が勝つべくして勝った、もっと泥臭い戦いだったでしょう。素人ですが、織田軍と本願寺の戦いのように、鉄砲は 攻めより 守りに使った方がいいそうです。それで、織田?徳川の連合軍は 柵をいっぱい立てて 臨時の城みたいにして、攻めて来る武田軍を撃ったそうです。武田軍が 密集して攻めて来たのなら、鉄砲も密集させて 機関銃のように使った方がいい?と思うし、バラバラに攻めて来たのなら、各個に狙撃した方がいい?と思います。幕末、武田の赤備えを引き継いだ 井伊軍?は 密集戦法だった?為、長州軍の 後装填式銃を使った 散兵戦法の狙い撃ちにされた?そうです。だから、武田軍も 密集戦法だった?どの合戦の事を言っているのか分かりませんがその手のエピソードで有名な武田軍との戦い「長篠の戦」では3000丁の鉄砲隊を1000丁ごと3班に分け馬防柵の後ろ側から間断なく発射して武田騎馬隊を寄せ付けなかった「鉄砲三段」が有名です近年、それ無理じゃない?という見方があります?マイクもスピーカーも無い時代1000人も 横に並んだ鉄砲隊に斉射をどうやって伝えたのか??当時の鉄砲火薬は今の無煙火薬ではなく黒色火薬 1000丁が一斉射しただけで煙でもうもうとしてしまい 周りが見えなくなったのでは?言われてみれば???という気がしなくもないですがある程度統制をとって有効に射撃したというのはあるのではないでしょうか

  • 3シリーズE90/E91 BMWのE90のサイドスカート
  • シティーズスカイライン ソフトパッケージ版のスパイダーマ
  • 人生最大の大ケガ 人生で一番の大ケガか
  • 1/1&39;06 終わったの当人落ち着きませんね
  • ミラブルや メルカリで取引画面でシリアルコードだけ伝えて
  • Comments

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    insert_comment

    account_box
    email
    email