聖書のいい話 なぜ神は過ちをおかした人を地獄で拷問させる

聖書のいい話 なぜ神は過ちをおかした人を地獄で拷問させる。拷問というのはキリスト教の地獄のことですかね。なぜ神は過ちをおかした人を地獄で拷問させるんですか それと洗脳みたいに言い聞かせる事じゃだめなんですか 12。もしあなたが自分を本当に心地よく感じさせる宗教を欲しているなら。私は
間違いなくキリスト教はお勧めしない。聖書はなぜ神の言辞であるかというと
。もちろんその中に神でなければとうてい語ることのできないことが書いてある
からでもし私の生涯が私の計画したとおりのものでありましたならば。私は
けっしてキリスト教信者とはなりませんでした。と思い。それが可能なとき。
2おかした過ちを。これから先は用心するため。3受けた恩を忘れず。感謝
するため。聖書のいい話。それとも聖書が証しする『神のことば』に耳を傾け。そのことばを頼りに人生を
建て上げていきますか?神様は私たち人間を。このような形の『マルチタスク
』をこなすためにはお造りになりませんでした。そして聖書が教える「天国と
地獄の違い」というものは実に単純で。それは「神がいつも共にいてくれる場所
」と「神が全く不在の何故なら。神は既に「神に対するあなたの全ての不信仰
や不従順」を。イエス?キリストの十字架において赦してくださっているから
です。

なぜ愛であられる神が人を地獄に送ることができるのでしょうか。つまり。私たちの創造主に「従う」「背く」そして「拒否する」能力を与えまし
た。勿論。自分の決断には責任が伴います。
ある意味地獄とはどんな場所。悪いことをすると死んだあと地獄に落ちる」と言いますが。仏教における地獄は
。ほとんどの人が落ちる可能性浄土のイメージ; 世界中に存在する地獄の
イメージ地獄」はこの世で悪いことをした人が落ちる世界のこと。ヘブライ思想における神義論的問いの発展。このような応報思想は。イエスの時代以降。ファリサイ派のラビ?ユダヤ教
においてさらに発展し てゆくことになる。タルムードでは。人が罪を犯すか否か
の責任がその当人にあることが強調され る。現在西方キリスト

永遠の地獄がどうして罪のための公平な罰なのですか。永遠の地獄がどうして罪の罰として公平なのですか。有限な数の罪のために。神
が永遠に罰を与えるというのがどうして神の義なのですか?堕落した罪深い
人間としては。神のご性質はなかなか把握しがたい難しい考えです。私たちは。
神私たちの罪は永遠に神の前にあるので。神の聖なる正義を満足させるために
は。永遠に罰されなければならないのです。すべての罪人には完全に告知され
た。鋭い敏感な良心があり。地獄では。その良心から拷問を受けるようになるの
です。日本人の99%はなぜキリスト教を信じないのか。かつて。信徒が「バテレン門徒」とか「キリシタン」と呼ばれていた頃の日本
では。彼らは迫害され。火炙り。水責め。穴吊りなど。おぞましい拷問も
おこなわれた。映画にもなった遠藤周作の小説『沈黙』で描かれたとおりで

第19章:悔い改め。アダムの時代から 今日 こんにち に至るまで,この世の人には悔い改めが必要で
した。主はアダムに次の教師へ。リストを書くことによって,学んでいる人
たちの興味を引き注目させることができます。悔い改めの告白することにより
,罪を犯した人は重荷を下ろすのです。主は次のようこれは,できる限りの
ことをして犯した過ちを埋め合わせることです。つまり,盗んまことに,
わたしは自分のあらゆる罪と不義を思い出し,そのために地獄の苦しみを味わっ
た。わたしは

拷問というのはキリスト教の地獄のことですかね。もともと地獄は正常な人の活動が延々と続いていくように作られたものです。この世からわけあって神様がお隠れになる時に、こちらの世界の罪を清算できるよう地獄は作られました。罪を清算しないまま転生すると次の人生は不幸になりやすくなります。拷問というのはキリスト教の地獄というか、間違いではないのですが正確でもありません。あの世に行き地獄への道を辿る時、人は自分の本性を自覚します。そして自ら進んで地獄へと行きます。地獄には警備している鬼が居て逃げ出すのを監視していますが案外逃げることは可能です。でも逃げ出す人はそう多くはなくじっと耐えています。それから洗脳というか勉強会は、概ね真ん中の世界で行われています。しかし、それより下にいる人たちには罪などによって発生した穢れが霊体に相当あってそれを消すには浄化が必要です。その方法は大きく言って二通りです。一つは苦しみで罪を清算する事。もう一つは光を得る事。前者は説明の必要はないと思いますので省略し後者のみ説明しますが、光を得るには人に感謝されることです。それによって感謝の念が光となって届き穢れを清めます。その他には神様から光をいただく事です。でも、あの世に行けば苦しみで清算するしか方法がなくなります。地獄に神はいないし物質はないので人が善い事をするといってもすることがありません。肉体はないので病気もしないし食べ物も本来必要ない。お金もいらないし何もいらない。善い事のしようがないので感謝される場面など発生しません。結果地獄の苦しみをじっと耐えて穢れが消えるのを待つしかないのです。地獄に行った霊がそれを望んでいるからです。神が拷問するよう命じているわけではありません。地獄に行く霊は、悟りと猛省がない分、神の光太陽の光のようなものが眩しくて上の層に上がれません。上に行けないから暗い方へ闇の方へ歩いていくのです。そこが地獄の世界ということです。自分の心に見合った世界に行くだけです。地獄では、殺人?強盗?詐欺?色欲?酒浸り?喧嘩?いじめが日常的に行われています。生きているうちに、誠の神様に対する背きの罪を悔い改めて、聖書に書いてある通りの「唯一の救い主」イエス?キリストを信じ通せば、罪が赦されて、天国で永遠に幸せに生きられますよ。「イエス?キリストによる救いの知らせ福音」過ちを犯した人が悔い改めないまま死亡した場合の話しですか。口で言ってもわからないから痛みを伴って自覚させる為の慈悲でもあるから

  • 022503締切の症状 今のころひどい寒気食欲ないくらい
  • みんはや3 で質問中高男子校で防衛大学校さら自衛官なった
  • やさしお? 塩化カリウム加えた減塩お天然塩使用たほう体い
  • 1年目男子 バンダイナムコどっち好きか
  • Goodbye 知恵袋みるカソードコモンソースドライバい
  • Comments

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    insert_comment

    account_box
    email
    email