日本医師会 この日の記者会見で横倉義武会長は欧米諸国では

日本医師会 この日の記者会見で横倉義武会長は欧米諸国では。緊急事態宣言を出そうが出さまいが、重要なのは国民各人の意識です。日本医師会が「緊急事態宣言を早く出せ 」と国に言ってるけど、
これどう思う
賛成 反対 全国の医療機関、病院が大変みたいです

記事みて

日本医師会、緊急事態宣言を要望
…「油断すると欧米と同じような状況に」
4/1(水) 20:58配信

新型コロナウイルスの感染が日本各地に拡大する中、日本医師会は1日、改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を出すべき時期だとの考えを改めて示した

この日の記者会見で、横倉義武会長は「欧米諸国では感染の拡大が止まらず、日本も油断すると同じような状況になる」と危機感をあらわにし、政府の対応については「もう少し加速していただきたい」と注文をつけた

首都圏、大阪、愛知を中心とした全国各地の医師会からの要望を踏まえた判断だという

政府専門家会議のメンバーの釜萢(かまやち)敏?常任理事も「現状として医療崩壊は起きていないが、それを防ぐためにも早く緊急事態宣言を出すべきだ」と述べた

同法に基づき首相が緊急事態宣言を出すと、対象となった都道府県の知事は強い権限を持つ 臨時の医療施設開設のために土地?建物を同意なしに使用したり、必要な医薬品や食品などを収用したりできるようになる

https://headlines yahoo co jp/hl a=20200401 00050228 yom hlth

緊急事態宣言、自治体側は暗中模索
「想定していなかった事態」
4/1(水) 19:34配信

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が現実味を帯びている 宣言が発令されれば、都道府県知事による外出自粛要請などの措置が可能になる 「Xデー」をにらみ、自治体側は発令後の具体的対応の検討に着手しているが、前例のない事態だけにシミュレーションし切れていないのが実情だ

「関東圏については、現段階で持ちこたえていると思う」

埼玉県の大野元裕知事は3月31日の記者会見でこう述べ、首都圏を対象区域とする緊急事態宣言は時期尚早との認識を示した

緊急事態宣言は、全国的かつ急速な感染の蔓延(まんえん)により国民生活や経済に甚大な影響を及ぼすと判断された場合、期間や区域を定めて首相が発令する 宣言によって、都道府県知事は、外出の自粛要請▽興行施設の利用制限の要請?指示▽臨時医療施設の開設に必要な土地の強制使用-などの措置が可能になる

緊急事態宣言の必要性が取り沙汰されるのは、大都市圏を中心に経路が特定できない感染事例が相次いでいるためだ 大野氏のような時期尚早論がある一方、「宣言を出すべきだ 東京と大阪が候補地になる」(大阪府の吉村洋文知事)といった意見も根強い

仮に宣言が出た場合、対象区域の住民にはどう影響するのか

埼玉県の場合、新型インフルエンザの流行に備えて平成26年に策定した「新型インフルエンザ等対策行動計画」に基づいて要請などを行うことになるが、現時点で県は発令後の対応を見通しきれていないのが実情だ 大野氏は「想定していなかった事態が生じている 宣言が発令されても、これまでの行動計画をそのまま適用できるわけではない」と語る

また、外出自粛要請は本来、緊急事態が宣言されてから発令されるものだが、首都圏1都3県などはすでに外出自粛を呼びかけており、宣言後の自粛要請との違いは住民にとって分かりにくい 厚生労働省幹部は「各知事による自発的な自粛要請は、結果として緊急事態宣言への『地ならし』になった」と解説する

土地強制使用など「私権制限」を伴う措置も、現実的に全てが行使されるとは考えにくい 大野氏は「私権の制限を伴う措置は最小限であるべきだ 大きな権限を与えられても、粗く当てはめるべきではない」と強調した

防災?危機管理アドバイザーの山村武彦さんは「日本では強権的な『都市封鎖』は法的にできない 他の災害と異なり、インフラも生きているので、深刻な混乱は生じないのではないか」と話している (竹之内秀介)

https://headlines yahoo co jp/hl a=20200401 00000595 san pol

【解説】『緊急事態宣言』でどうなる
「何が強制 何が強制ではない 」
専門家に聞いてみた
4/1(水) 18:11配信

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、改正特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が出されるのか注目されています

もし「宣言」となれば私達の生活にどう影響するのでしょうか 法改正審議にも参考人として出席した同志社大学の川本哲郎教授に話を伺いました

都道府県知事が実施可能になる措置

『緊急事態宣言』が発令されると、都道府県知事が

(1)「住民に外出自粛要請」

(2)「休校などの要請?指示」

(3)「大規模施設の使用制限の要請?指示、イベントの開催制限や中止の要請?指示」

(4)「臨時の医療施設設置で土地や家屋を使用、医薬品などの売り渡しの要請?収用」

??などの措置が実施可能となります

https://headlines yahoo co jp/hl a=20200401 00010001 mbsnews sociコロナ禍。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中。日本医師会の横倉義武会長は
日。日本記者クラブ主催によるインターネットを使った講演で。「現在はまだ
危機的な状況が続いており。油断はできない。日本医師会は4月1日の段階で
「医療危機的状況宣言」を発表。このままでは医療崩壊につながりかねない
として。政府などに検査体制の充実。このほかドライブスルー検査をしている
新潟。さらに大阪。福岡。埼玉でもセンターを作る取り組みが行われる。

「横倉義武」に関連する情報。横倉義武会長も加藤厚労相に実用化していただくよう申し入れをしたと述べた。
この検査方法は北海道大学で研究されており。医療関係者への感染リスク減が
期待できるという。緊急事態宣言の延長を受けて日本医師会の横倉義武会長が
行っている緊急記者会見を生中継。日本医師会は感染拡大で医療現場危機的な
状況に陥りつつあるとして「医療危機的状況宣言」を出しているが今日の会談で
小池百合子都知事は会見で。今日発生した患者は人。累計すると人と
発表。日本医師会。この日の記者会見で。横倉義武会長は「欧米諸国では感染の拡大が止まらず。
日本も油断すると同じような状況になる」と危機感をあらわにし。政府の対応
については「もう少し加速していただきたい」と注文をつけた。

日本。「熱中症事故の防止について通知」の送付について《新型コロナウイルス
感染症への学校環境衛生対応関連》 この日の記者会見で。横倉義武会長は「
欧米諸国では感染の拡大が止まらず。日本も油断すると同じような状況になる」
と「釜萢敏」のニュース一覧:。日本医師会の釜萢敏常任理事は日に開いた記者会見で。新型コロナウイルス
感染症の拡大に伴う政府の緊急事態宣言特定の都道府県だけ解除すると他の
地域からの「人の移動を引き起こすことが懸念される」と指摘し。全国で延長
する可能新型コロナ対策に膨大な労力を投じつつ。通常の医療行為も継続し
なければならず「危機的な状況に陥りつつある」と表明した。同日記者会見
した横倉義武会長は。週間前には新型コロナによる死亡者数が数十人規模だった
米国や英国で

ニューヨークにおけるCOVID。-の爆発的感染拡大によって医療従事者の生活も一変し。多くの医療従事
者が精神的ストレスを感じることとなったつまり。日本で言う「3つの密」に
該当する状況というのがもともと非常に多くある大都市であった。ということで
ある何がこのような日米のマスク文化の違いを生むのかについては諸説あるが
。個人的な憶測としては日本人のて。医療従事者の間では。「一度感染が拡大
し始めたら止まらなくなる」という危機感があったように思う。「医療危機的状況宣言」を発表。横倉会長はまず。新型コロナウイルス感染症の死亡率について「世界では。
ヨーロッパ諸国を始めとして爆発的な感染拡大が起きているのに対し。世界で
最も高齢化が進んでいるにもかかわらず。日本の人口に占める死亡率は。低く
抑えられて

緊急事態宣言を出そうが出さまいが、重要なのは国民各人の意識です。これまで政府に対して、多くの批判がありましたが、これまでの政府のやり方が間違っているとは思いません。これまでだって、国民が、政府の要請どおり、きちんと感染防止策をとって、不要不急の外出を控え、今絶対必要な仕事以外の仕事を休業していれば、ここまで感染が広がらなかったはずです。こんな状況になった今でも、経済が…金が…と、命よりもお金が大事だと言わんばかりの発言があったりするのは、どう考えてもおかしいし、仮にお金の方が大事だとしても、そのために、自分の命を軽視するのは勝手ですが、他人の命まで危険に晒すのはいかがなものかと思います。緊急事態宣言は出ましたが、国民はこれまで以上に、感染防止に協力しないと、国が滅んでしまいますよ。そうなると、お金なんて、何の役にもたちません。今はお金のことは、二の次です。メディアが重傷者の叫びを流したり。大したこと無かったんですって声は一切ながれない。ほとんどが軽症者か無症状者のはずなのに感染したら死ぬと思ってしまっている。日本人で失業率30%になったらアメリカみたいにすぐには就職出来ない。爆発的な増え方とは違うように思いますし。外国と対比のグラフをどこも出さない。数字だけ言ってるだけ。緊急事態宣言が遅いと言っている方々は自分たちの家族がみんなでホームレスになっても構わないから緊急事態宣言をしろとの主張でしょうか。お?だ?ま?り、、、!人権制限ですから、国内経済が破壊されますから、と、知人が言ってました。一番懸念されるのは医療崩壊です。死者数と直結します。先日の尾見先生の発言からすれば、かなり切迫してる印象です。もし到達するとすれば、まずは東京。大阪も1ヶ月ほど遅れて似た状況になるかも知れません。①軽症者でベッドが溢れるのは第一段階、その次に、②重症者がICUに入れないという状況が訪れ、それと前後して、③人工呼吸器が足りなくなる。②③あたりが本当の医療崩壊じゃないでしょうか。しかもこのウィルスの速さでは、数週を待たずに到達することもありうる。①は自宅待機にしたり、臨時の収容施設に入れることが対策であり、目下、政府が調整して居るのはこのレベルだと思います。ただ、これは選手村でもアパホテルでも間に合うことですが、②③については、重症を診られる臨時施設を作らないと対策になりません。限られた、感染症指定病因のICUなどすぐ一杯になりますし、一般診療部門も圧迫されます。医師会の懸念はここなのかなと院内感染など発生したらなおさらでしょう。臨時の医療施設を開設することが鍵だと思います。僕は医療関係ではないので、具体的なイメージは持てないのですが配管や空調や換気、空調などは特殊な構造が必要なことと思います。それが、そんな一朝一夕にできるとは思えないので、緊急事態宣言を発令し、臨時医療施設の開設に向けて、使用する土地?建物の選定など具体的に動くべきだと考えます。僕なんかが言わなくても、もうやってるんでしょうけどあとは、国民一人一人の感染予防、社会距離によって感染の拡大速度を和らげ、少しでも時間稼ぎができれば、それだけ準備に余裕ができますから、その意味でも緊急事態宣言は必要かもしれません。うん。緊急事態戦前は各都道府県知事の権限の範疇でも同じこと。政府に今、緊急に求められてるのは法の範囲ではなく、それ以上の強い強制力と指導力。例えば必要なインフラや物流、食品や薬店を除いて一時的に経済を止め仮死状態にして流れを止める事。その損害の保証は満額は必要なくても4割程度でも何らかの政府が保証。そうすれば少なくとも今日から5月までで感染者数は大幅に減るだろうし、何もしない今の状況より多少の痛みは国民も納得するだろうし上手くいけばGW後半は少し規制を緩められるかも。ただ指をくわえてみてるだけでは国民は納得できないでしょうしね。緊急事態宣言出すのは反対だ!経済が停滞する。失業者が増える。都道府県知事が職権乱用する。医師会って、混乱させてるだけと思う。マスクも健康な人は、する必要ないとか手洗いうがいだけしておけば良いようなこと言ってましたが今になって、マスクが予防になると言い出し医師会?専門家のいうことなんて当てにならない。緊急事態宣言は、国がやらなくても各都道府県でやるべき!北海道だって、緊急事態宣言を独自でやりました!日本医師会は医療機関だけではもう既に対応できないって話ですから、緊急事態宣言でも何でもやってもらわないとどうにもならないってことです。つまり、緊急事態宣言に限らず医療現場への支援が今すぐにでも必要だという話です。治すことだけに尽力してきた医療機関は大丈夫ですよ^―^医療従事者の立場から、緊急事態宣言を求めるのは当然だと思いますが、緊急事態宣言は行政機関に平常時を大きく超えた権力を持たせることになりますから、慎重に慎重を重ねなければなりません。それに、いざ緊急事態宣言を出したら「安倍政権の独裁に反対!!」なんて言い出す面倒な輩が多いので、なかなか難しいでしょうね。患者が多発しないうちに発令して少しでも少なくできたら医師団は助かるわけで、無条件緊急事態宣言すべきです

  • JR東日本 中央線のE233系0番台の12両化伴って臨時
  • auショップ/au 今月のauの利用料金の支払い間合わな
  • マキネッタ 個人的MARCHのレベルの大学生の新卒でビジ
  • SHOWROOM公式 ミセスグリーンアップルのライブ初め
  • 管理人紹介 ヨーロッパフランスイタリアスペインポルトガル
  • Comments

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    insert_comment

    account_box
    email
    email