事業者?中小企業の法律相談 現在元々働いていた給与の未払

事業者?中小企業の法律相談 現在元々働いていた給与の未払。仮に少額訴訟を起こしたとしましょう。少額訴訟について

現在、元々働いていた給与の未払い賃金、約16万円を少額訴訟で請求しようとしています 私は従業員で相手は店長です その店は現在潰れており
店長とは連絡が取れません

労基にの方で勧告してもらったのですが
連絡がつきません
裁判所の方としても相手方の住所が分からないと裁判ができないとのことです
分かる情報としては
本名、前の住所、電話番号、Twitter(現在も動いている模様、フェイスブックなどです

証拠資料(タイムカード、給与明細、シフト表等)はすべて揃えてあります
また、未払い賃金建て替えの制度は勤続が一年未満の為利用できないとのことです

どうやったら少額訴訟ができるのか
何か知恵をお貸しください 12。労働基準法では。使用者は。労働者が退職の場合に労働者から請求があった場合
は。所定の支払日にかかわらず日ただし。退職金については。就業規則など
で支払時期が定められている場合には。その期日に支払えばよいとされています
。請求しても支払いがされない場合には。賃金の不払いで労働基準監督署への
申告。簡易裁判所への少額訴訟。少額訴訟とは。万円以下の金銭支払請求
について。原則として回の期日で結審し結論和解または判決が

仕事をしたのに使用者が賃金を支払ってくれません。賃金は。原則としてその全額を支払わなければなりません労基法24条1項
。給与所得税の源泉徴収。社会保険料の控除。財形貯蓄金の控除や。過半数労働
組合それがない場合は労働者の過半数を代表する請求する未払賃金の額が
万円以下の場合は。簡易裁判所に提訴します。万円を超える場合は。地方
裁判所に提訴します。使用者が法人で事務所や営業所を有している場合は。
事務所または営業所の所在地を管轄する裁判所に訴訟を起こします。事業者?中小企業の法律相談。今回はできる限りご自身で進めたいとのことですので。裁判上の請求の方法
としては。支払督促の申立てや少額訴訟の提起が金額が400万円という
大きな額ですので。弁護士に依頼することも考えています。賃貸借契約書に
賃貸借の目的が「居住用」と記載されているのであれば。法人に転貸してエステ
事業として事業として使用させていたことは。書が届き。不当な雇止めである
から雇止めは無効であるとして。職場復帰地位の確認と未払給与の支払いを求め
られています。

少額訴訟の金額と請求可能な金額。少額訴訟の上限は。平成年月日より万円から万円に引き上げられました
。したがって。賃金の請求や売買代金の請求の場合。本来の請求金額が万円
以下であれば。利息や違約金を加えて万円以上になったとしても少額訴訟を
起こすことが出来ます。申立人原告が少額訴訟手続きの審理を希望していて
も。被告の同意がなかった場合は少額訴訟を行うことはできません給料未払いの人が自分で未払い賃金を請求する方法と重要な証拠を。放っておいても。あなたが良いなら構わないのですが。「働いた時間」と「かけ
た労力分」に対して。正当な対価が支払われていない事に憤りを感じない方が。
はたしているのでしょうか? 今回は。給料未払いに対抗するための手法をご紹介

労務安全情報センター少額訴訟制度とは。さて。この少額訴訟制度は「賃金不払いや解雇予告手当の請求」向きか 目次へ
少額訴訟とは? 130万円以下の金銭円3支払日 毎月 25 日3 働い
ていた期間 平成9年6月1日から平成9年8月25日まで4 未払給料 平成9年

仮に少額訴訟を起こしたとしましょう。相手の所在が不明の場合は公示というものはあります。ですが勝訴したところでどう回収するんでしょうか?16万ぽっち支払いができない人間がまともに支払う訳がありません。多分その店長とやらは、そのことを知っているから無視をしているのです。裁判をされたところで自身の所在、財産の所在、が分からないことには強制執行の差押すらできないことを。財産等は原告が調べます弁護士に行っても16万ぽっちじゃ誰も引き受けてくれません。家族、友人に弁護士がいれば別ですが。相手はこの様なことに慣れています。その様な人を相手にしていては何度も抜け駆けをされ面倒なだけなので諦めるのが良いと思いますよ。少額の被害で済み良かったですね。その店長ってのは、店の経営者だった人ってことですかっ???でっ、現在の行方が解らないってことなら、その店舗の閉鎖された登記登記されていればとか何らかの公的証明書を取得して、公示送達は可能だけどねっ???だので、少額訴訟でなくって通常訴訟の手続きで公示送達してもらうってことだけれどっ、だけどもその店長の現在の住所とか所在は不明なわけでしょう???なら、仮に公示送達で勝訴判決を受けても、その未払い金は回収できないじゃん???だので、裁判やって回収できないでも公示送達しといて確定判決を得ておくか、もう、諦めるか二者択一の選択肢しかないしさっ???だので、こういったら失礼だけれど、何も訴訟訴訟って大騒ぎしなくっても他の制度の活用用途も考えてみるとかさっ???例えば、場合によったら「未払い賃金立替制度」を利用できることもあるのでっ、そっちを模索してみるとかさっ???↓これの解説とかさっ???◆立替払制度を利用するための要件1年以上にわたり事業を行ってきたお店法人、個人を問わないに労働者として雇用され、お店の倒産もしくは事実上営業活動が停止し、賃金支払い能力がないと労働基準監督署長が認定した場合に伴い退職し、未払賃金が残っている人ただし、未払賃金の総額が2万円未満の場合は不可倒産等の6ヵ月前から2年倒産後1年半以内に退職している労働者パートタイマーやアルバイト等も利用可能。ただし、役員は利用できません16万、、、弁護士の職権での住民票取得は可能ですが、受任前提でないとやってくれません。弁護士費用の方が高くつくかもね。弁護士を雇わないで司法書士も同等な権利を持っているので、そっちに頼んでみるか。裁判所に提出する事を目的として役所に開示請求はできるのですが、通常は金銭消費貸借契約書などを見せる必要があります。雇用契約書はありますか?賃金の支払債権という形でも受け付けてくれるか?を旧住所の役所に聞いてみるしかないですね。少額訴訟は相手方の住所を管轄する簡裁に申し立てます。金額により印紙代が違います????但し、本件の様な未払い給与等は事案に馴染みませんので、地裁になります。又、旧住所へ訴状を送達されても返送されますので無意味です。店長=経営者=給与支払い主か不明ですが、一般的に店長とは店の責任者というだけで雇用契約には関与しませんので、支払義務はありません。仮に所在地が判明しても個人の資産の差押えも不能です。結論は100%どうにもなりません。店長とは経営者ですか?未払い賃金は経営者へ請求するものですが。もし、店長が兼経営者であれば、あなたに対して債務があるので、弁護士の職権で住民票は取れるので住所は判明するでしょう。しかし、そこに住んでいない場合は、どうにも出来ませんね。

sitemap

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

insert_comment

account_box
email
email